産業医になるには必要な要件を満たしていないと就けない

産業医と呼ばれる仕事があります。
医師免許を持つことにより就くことが可能となる職業ですが、これとは別に、この職種に必要な知識を備えていなければ就くことができません。

例えば、必要な研修を終了していたり、労働衛生コンサルタント試験に合格しているなどが要件となってきます。

「産業医」とは?

産業医とは、企業、特に工場などの製造業務を担う場などで、そこで働く従業員の健康管理等を任された医師のこと。
労働安全衛生法では、50人以上が働くこのような工場には必ず医師が1人配置されていなければならないと定められています。
1000人未満の企業の場合には、嘱託形態による契約でも問題はありません。
つまり、医師側からすると正規雇用とはならないため、他のところで働きながらアルバイトのような形で企業の社員の健康管理を行うことになります。

1000人以上が働く企業になると、そこは医師と専属の契約を結ぶ必要が出てきます。
つまり、正規雇用としてその企業に雇われることになるのです。
ただ、体に大きな負担のかかる業務(有害物質を取り扱っているなど)を担う企業の場合には、500人以上の労働者数に対して1人の産業医の配置が義務付けられています。

画像出典元:https://bizhint.jp/keyword/37798

産業医の業務内容とは?

具体的な業務内容ですが、例えばその企業で働く社員を対象とした健康診断、あるいは面接による指導などがあります。
作業環境を清潔に、あるいは適切に維持することも重要な役割であり、必要であれば企業に報告し、環境を整えるためのアドバイスを行います。

従業員の体調が悪くなってからの対処ばかりではなく、そうなる前の健康管理や教育も行い、あるいは従業員からの相談を受けることもあるでしょう。
そうした相談に対して適切に対応することも、この職種に就く医師の重要な役割。
もしそこで働く人たちに健康被害が及んだ時には、その原因を究明し、改善のために尽力しなければいけません。

一言で言えば、契約した企業で働く従業員の健康を一手に担っている、そんな職業であり、それだけの大きな責任を背負っているとも言えるでしょう。
従業員とのコミュニケーションが重要になることは言うまでもありません。
職場環境や健康状態を正確に把握するためには、医師としての知識や技術のみでは務まらないのです。

今後需要が急激に増えることは考えにくいがその経験は有利になる

産業医のこれからの需要ですが、転職先として考えるとなると、1000人以上の従業員を抱える企業と契約することが一つの条件となるため、今後需要が急激に増えることは考えにくい。

ただ、嘱託契約としてでもこの仕事を経験しておけば、一般企業の医務室などで働く時にもその経験が有利に働くでしょう。
過労死などの問題が取り沙汰される中、社員の健康のために医師を配置しようと考える企業は増えてきています。
このような広い視野で見れば、需要は増えていくと考えられるのかもしれません。

  • 1