医師免許があれば「病院」以外でも働く事ができる

医師免許を持っている人がまず働く先に選ぶのは、多くの場合「病院」と呼ばれるところになるでしょう。
病院と言っても大学病院もあれば民間の病院もあり一言では言えませんが、いずれにしても、知識や技術を学び、それらを身に付ける場所としては非常に最適な場所であるため、最初は病院と名のつくところでの勤務となるはずです。

しかし、医師免許を持っていれば、その能力を発揮できる職場は病院以外にもいくつも考えられます。

クリニックで働く

例えばクリニック。
病院ではありませんが、仕事内容は大差ありません。
この両者の違いはベッド数ですから、診察をしたり薬を処方したり、必要であれば手術を行ったりなども可能。
それを行うのは当然医師。

病院でしばらく勤めた後、自らクリニックを開業する人もいれば、ヘッドハンティングや知人などの紹介によってクリニックで働き始める人も少なくはありません。
待遇も、病院での勤務よりは良いことが多く、そこに魅力を感じてこうした勤務先を選ぶ人もるでしょう。

介護施設で働く

他にも、介護施設での勤務も選択肢の一つとなるはず。
介護業界がこれから成長する産業であることは言うまでもありません。
今のうちにこうした職場を視野に入れながら活動していくのもいいのではないでしょうか。

産業医として働く

工場など製造を担う現場では、ある程度の規模を超えると、そこに特別な認定を受けた医師を配置しなければならないという決まりがあります。
いわゆる産業医と呼ばれる仕事ですが、これも医師の転職では一つの選択肢となるはずです。

その他、製薬企業や自衛隊病院、研究機関や教育機関などへの転職も考えられるでしょう。

それぞれの特徴を把握しながら選択肢を広げて転職活動を行う

このように、医師の転職先は決して大学病院や一般病院に限定はされず、その資格を持っていればあらゆる職場を選択することが可能なのです。

もちろん、経験がある程度あるに越したことはありません。
上で紹介したような施設では実務経験年数などの応募条件を提示しているところもあり、それに該当しなければ採用されることはないでしょう。

しかし、これらの選択肢があることを知りながら転職活動を行ってくことで、さらに視野が広がり、自らのキャリアを冷静に構築することに繋がるはずです。

また、それぞれの特徴の把握も非常に重要。
「楽そうだから」、「待遇がいいから」といった理由ではなく、それぞれの施設の特徴を知った上で、それが自らにマッチしているかどうかも併せて熟慮したのちに、転職先を決定しなければいけません。